SSブログ
前の1件 | -

(5-2&6)松本(御射鹿池&帰札) [2020年秋 信州の旅]

~続きです。


 昼食を終えて次は御射鹿池まで、バスは山道や別荘地を縫って走りました。30分ほどで御射鹿池に到着。駐車場から道を隔てて美しい池があります。ここは東山魁夷画伯の「緑響く」に描かれた池だそうです。

↓東山魁夷美術館HPから『緑響く』蓼科高原・御射鹿池/1982年


≪緑響く≫

 一頭の白い馬が緑の樹々に覆われた山裾の池畔に現れ、画面を右から左へと歩いて消え去った―そんな空想が私の心のなかに浮かびました。私はその時、なんとなくモーツアルトのピアノ協奏曲*の第二楽章の旋律が響いているのを感じました。

おだやかで、ひかえ目がちな主題がまず、ピアノの独奏で奏でられ、深い底から立ち昇る嘆きとも祈りとも感じられるオーケストラの調べが慰めるかのようにそれに答えます。白い馬はピアノの旋律で、木々の繁る背景はオーケストラです。

信州を愛し描いた画伯の作品の中でもひときわ印象に残る傑作です。TVの吉永小百合さん出演のCMでも有名になり、観光客が増えたそうです。

IMG_0284.jpg

 

084.JPG

 ↓右手に進むと土手がありますが、入れません。危険注意!の看板がありました。

083.JPG

松本市内に戻りました。皆さんは松本時計博物館へ。私は松本市美術館へタクシーで。閉館が迫っていますので、あまりゆっくりは観られなかったのですが、松本市出身の草間彌生のワールド を楽しみました。

img025.jpg  img026.jpg

↓美術館の壁も水玉

IMG_0293.jpg

 

 2845508_2333620240_84large.jpg

↓中庭

IMG_0291.jpg

バスで松本駅~ホテルと戻りました。夕食はルレ・エ・シャトー に加盟している人気のフレンチレストラン「ヒカリヤ」へ。旅のスケジュールには夕食の場所は書かれてなかったので、嬉しい驚きでした。

↓レストランの待合所

IMG_0296.jpg

↓ここから中庭を通って蔵屋敷(明治時代)をリノベーションしたレストランへ。

IMG_0297.jpg

↓この日はお月見なので

IMG_0299.jpg

全部で8皿のコース↓は2皿目の甘海老(塩麹/カラマンシー)

IMG_0300.jpg

↓4皿目の南瓜(トマトのソルベ)

IMG_0301.jpg

↓5皿目の太刀魚のパイ包み(烏賊/海老/長芋)アメリケ-ヌ

IMG_0303.jpg

↓6皿目の子羊(モンサンミッシェル/茄子)

IMG_0304.jpg

↓最後のミニャルディーズ

IMG_0305.jpg

コロナの影響でしょうか、私たちのほかは一組だけでした。なかなか凝ったフレンチを堪能しました。明日から週末で東京のGotoが解禁になります。きっとこのレストランも賑わうのでしょう。

10/1  10224歩

10/2(金)

ツアーの皆さんとはホテルでお別れです。チェックアウトと荷物を宅配便で送り、バスセンターから空港へ。昼頃の便で札幌に帰りました。飛行機はほぼ満席でした。↓ふじ ドリームエアラインの飛行機

IMG_0306.jpg

白駒池で少し霧雨が降ったほかはほぼ晴天が続きお天気に恵まれ、美味しいものをたくさんいただいてコロナ疲れをリフレッシュできました。

この後1カ月のコロナ禍は少し収まっていたのですが11月に入って北海道も暖房で換気が不十分になると感染者が増え始め、Gotoはストップ。続いて12月になると首都圏も厳しい状態になってきました。まだ先が見通せない状態ですが、終息宣言がでるまで、どれだけの月日がかかるのでしょう。一日でも早くその日が来ますように・・・。(終)

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。